エンジニアの活動日記

ネットワークエンジニアによるIT関連のブログです。ほどほどに生きています。

有料動画配信サービスの利用者増加

ネットで有料動画配信を楽しむ人が徐々に定着してきたようです。

Amazonプライム、Hulu、dTV……30代・40代に3人に1人が加入「有料動画配信サービス」 | ZUU online

私も昨年Amazonプライム会員になり、テレビにFire TV Stickを繋いで動画配信を楽しんでいます。

他にもNetflixやHuluなどもあり興味はあるのですが、お金が掛かるのと忙しくなってしまうのが怖いため、まだ利用していません。

dTVは1ヶ月間無料お試しで利用しましたが、そのラインナップが私には不十分と判断しました。

Amazonは映画やTVドラマ、AbemaはニュースやAbemaPrimeYoutubeは昔のヒット曲などを見ることが多いです。Abemaはテレビ朝日が番組制作に関わっているからか、ネット番組とは思えない質の高さで気に入っています。

AbemaTVの舞台裏! テレビ朝日とサイバーエージェントはなぜ融合できたのか? 宮本博行×卜部宏樹 | CAREER HACK

AbemaTVは無料で継続できるのか心配になりますが。

これらのサービスは地上波放送と違い、その殆どがオンデマンド(見たい時に見られる)なのが便利です。予め見たいコンテンツを選んでリストに入れておき、面白いテレビ番組が無い時などに見ています。

光回線の安定した通信のお陰で、動画を見る際にもイライラを感じることはあまりありません。映画などをレンタルビデオ屋に借りに通っていた日が懐かしい。

 そんなこともあり、固定ネットの通信量が急激に増えているようです。

www.asahi.com

インターネットのインフラに関わる人たちは、急激に増える通信量に対応するのに大変苦労されているのではないでしょうか。

いつかテレビも地上波とネットの同時配信が実現する日が来ると思うので、そうなるとネットの役割はますます大きくなり、より高い信頼性が求められるようになりますね。

今後ネットワークの世界に入られる方は、その点を認識されておいたほうが良いと思います。