エンジニアの活動日記

ネットワークエンジニアによるIT関連のブログです。ほどほどに生きています。

パナソニックのコーヒー焙煎機 "The Roast"

パナソニックがこの4月よりなかなか面白い製品を発売するようです。

panasonic.jp

私もコーヒーは好きなので興味はありますが、いかんせん高価ですね。

本体の予定価格は100,000円。それに専用の生豆を年間契約で購入する必要があり、月額3,800円(年額45,600円)もしくは5,500円(同66,000円)。

最初の1年目は本体と豆を合わせて約15~16万円も掛かりますから、余程コーヒーにこだわりのある方もしくは生活に余裕のある方でないと、買っても使い続けることは難しいでしょう。

こんなにコストが掛かるのならば、プロの焙煎士がローストした高級なコーヒー豆を店頭や通販で定期購入した方が余程簡単で安上がりになるのではないかと思いますが、その点はパナソニックの方はどうお考えなのでしょう。

自宅で手軽に焙煎が出来、美味しいコーヒーが飲めるのは素晴らしいことだと思います。ただ、下記の記事にもあるように

ただ、サービスとして推すなら10万円の焙煎機はウォーターサーバーのようにリースにしてほしかったという気持ちがあった。あとThe Roastで定期配送する生豆だけではなく市販生豆のプロファイルも追加してほしい。

のような工夫をしないと、高価過ぎて殆ど売れないという結果に終わってしまうのではないかと感じました。購入当初は物珍しさから愉しいかも知れませんが、次第に面倒くさくなって使わなくなるような気もします。

ascii.jp

色々と批判的なことを書きましたが、何がヒットするかは誰にも分かりませんので、このような新しい製品を販売するのは面白いと思います。現物を店頭で見てみたいものです。