エンジニアの活動日記

ネットワークエンジニアによるIT関連のブログです。ほどほどに生きています。

「ドコモの650円スマホ」への違和感

toyokeizai.net

タイトルだけ読むと650円でスマホが手に入るかのようですが、

1年間の利用を条件とした端末購入サポートに加入すると、一括650円程度で購入できる。 

という条件付きです(「途中解約の場合の違約金は15,826円」(10月20日付東京新聞朝刊より))。

この「端末購入サポート」なるものがどのようなサポート内容で、料金が幾らなのかが記事には書かれていないので、このスマホが安いかどうかは何とも言えないですね。

また、

端末購入サポートに加入しない場合は、3万円程度となる。

とのことなので、結局その3万円を12か月で割った金額が「端末購入サポート」に上乗せされているだけなのではないでしょうか。

3万円程度の端末ならば他にいくらでも売られているので、決して安いとは言えません。携帯業界によくある、紛らわしい販売方法だと感じます。

携帯電話の販売方法については政府もいろいろと口を出していたようですが、このような紛らわしいやり方は問題ないのでしょうか。

 

追記:こちらにより詳しい内容が書かれていました。

www.nikkei.com

今回の650円という値付けは、総務省のガイドラインの穴を見事にすり抜けた、NTTドコモの奇襲作戦のようにも思える。

と書かれています。総務省とドコモの間で、今後ひと悶着あるかも知れませんね。