読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア東の活動日記

ネットワークエンジニアによるIT関連のブログです。ほどほどに生きています。

契約数が伸び悩むフレッツ光

広告:数年前より私も使っています↓

Amazon.co.jp【タイムセール予告】5/26限定 ESETセキュリティソフトが特別価格

http://internet.watch.impress.co.jp/img/iw/docs/757/378/ntt01.jpg

internet.watch.impress.co.jp

2015年の年度末の時点で、フレッツ光は約2000万回線ということですね。NTTが当初思い描いていた契約数(3000万)ほどには伸びていないようで、スマートフォンなどのモバイル通信端末の普及により光回線の需要が伸びなかったのが原因のようです。

NTTは04年当時、自社の光サービス「フレッツ」で3000万件の目標を掲げ、固定電話の減少を補う計画だった。しかし、米国発のイノベーションがこの 青写真を覆した。07年に米アップルがスマートフォン(スマホ)「iPhone」を発売。固定電話離れに拍車がかかり、光回線による固定ブロードバンドの 需要も伸び悩んだ。 

私は自宅にいることが多いので光回線を契約していますが、会社勤めなどであまり家にいない人にとっては、ネットはモバイル回線だけで十分なのかも知れません。光回線は高速で安定していますが、決して安くはありませんからね。実質賃金は下がり、生活が苦しい国民も多いことですし。

NTTとしては

固定は20年代にすべてIP電話で代替し、契約数が1900万件にとどまる光はターゲットを個人から法人に切り替えて巻き返しを狙う。

のだそうですが、スマホが普及しているのでIP電話は伸びないでしょうし、法人の需要は個人に比べると桁違いに少ないでしょうから、この先も厳しいことになるでしょうね。モバイル回線も安くなって来ていますし、数年後私も光回線を止めるかも知れません。