読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア東の活動日記

ネットワークエンジニアによるIT関連のブログです。ほどほどに生きています。

総務省、全小中高の無線LAN導入を補助。

www.nikkei.com

総務省は2020年までに全国すべての小・中・高校に無線LAN「Wi―Fi」を導入する方針だ。教科書の内容をタブレット端末などに収めた「デジタル教科書」の普及に向け、導入費用の半分を補助する。災害時には避難者に開放し、携帯電話の基地局が故障してもインターネットや電子メールを使えるようにする。

国公立・私立を問わず、全国の小中高校に無線LANを導入(費用の半分を補助)とは、国も随分思い切りましたね。予算は3年間で100億円、財源は電波利用料からとのこと。
恐らく大手ITベンダが落札して各地の業者に仕事を割り振るのでしょう。ネットワーク機器メーカーや工事業者にとっても良いニュースなのではないでしょうか。

無線LANがあれば学校の授業にもインターネットを活用出来ますし、地震などの災害時にも学校に避難された方が通信手段として使えて有難いですよね。これで無線LANを導入する学校が増えてくれるといいのですが。

但し無線LANはセキュリティに十分注意する必要がありますので、その点が少々不安ですね。適切に構築して運用しないと、不正利用されたり情報漏えいのリスクが高まりますので(但しあまりセキュリティを厳しくし過ぎると使いづらくなりますので、そのバランスが難しい)。

また常に状態を確認しておかないと、いざという時に故障して使えないということにもなりかねません。マイナンバー制度の二の舞にならずに、国民の生活の役に立つものになることを願っています。