エンジニア東の活動日記

ネットワークエンジニアによるIT関連のブログです。ほどほどに生きています。

アナログ回線、10年後には終了?

headlines.yahoo.co.jp

記事はADSLの終了がメインに書かれていますが、私は終わりの方に書かれている以下の文言が気になりました。

NTTは25年ごろをめどに現行の電話回線網(PSTN)の廃止を計画している。IP網を軸に光回線移動体通信網による代替を想定しているが、そうなればアナログ電話回線もなくなり、ADSLの存続は危うくなる。 

 あと10年後を目処に、NTTは現行のアナログの電話回線を無くすことを検討しているということですね。

電話といえば媒体は銅線でしたが、それを光ファイバもしくは無線に置き換えようとしているんですね。私の家でも電話もネットも光回線を使っていますし、アナログ回線の需要が急速にしぼみ、採算が悪化しているのでしょうね。

通信の世界は進化が早過ぎて、ついて行くのが大変です。そのうち光回線も旧い技術となり、別のものに変わる日が来るのもそう遠くないのかも知れません。